採用面接支援

HCi-AS【エーエス】

HCi-ASの報告書画像

採用面接時に応募者をより良く理解する目的で開発されました。
人材の業績につながる力(1・目標追求力、2・対人力、3・主体性)を診断することにより、本当に企業に必要な人材か否かを報告書としてお送りします。

適性検査の専門企業として34年、「診断結果報告書が受検者本人を的確に表している」と非常に高い評価を得ています。
報告書が当たっているから、参考になる。「当たっていない報告書」を見ても参考にはなりません。
高い妥当性のAS検査は、きっとあなたの非常に頼もしい相棒になるはずです。

採用面接支援(HCi-AS)特集ページ」も合せてご覧ください。

このような事で悩んでいませんか?

  1. メンタルヘルスが分からない
  2. 検査結果が面接時に間に合わない
  3. 数値や偏差値では人物像がイメージできず採用の判断に迷う
  4. 検査結果に本人の適正が正しく反映されているか心配だ
  5. 面接時のチェックポイントが分からない
  6. web版を探している
  7. 外国語に対応している検査を探している
  8. 採って良い人材か、避けた方が良い人材かが明確なものはないか

お役に立てる8つの理由

  1. メンタルヘルスチェックに対応ストレス耐性の詳細を診断
  2. 検査時間10分・診断結果提出15分(最短) 無駄を省いたシンプルな設計
  3. 採用の合否にまで踏み込んで明記
  4. 回答を偽れない仕組み 診断報告は記述文中心の構成
  5. 面接時のチェックポイントを提示
  6. Web版が利用できる
  7. 外国人の受験にも対応
  8. 迷った時の判断の後押しになるようハッキリとした診断結果

特長

1.ストレス耐性の確認

メンタルヘルスに関してのチェックは、短時間の面接ではきわめて難しいとされています。
報告書では、対象者がストレスに対してもろいのか、強いのか、また注意が必要なケースでは記述文で補足説明をしてあります。

2.検査時間10分、報告書返却まで最短15分

独自の診断手法により、検査時間・報告時間を短縮する事に成功しました。
そのため、多くの企業で面接の前の補足資料として使われるケースが圧倒的です。

3.わかりやすい記述式の報告書

数値化ではなく人間性を大切にする記述文が中心になっています。
面接でみきわめようとするのは、ランキングや偏差値情報ではありません。
より生き生きとした対象者の「人間性」であったり「個性」です。
報告書ではその個性を充分読み取れるように、平易な記述文を中心に構成してあります。

4.職務適性の確認

報告書では採用後の適正配置予測として6つの職務領域を表示しました。
当然、どの分野でも活躍が期待できる人材は、バランスがよく、高い表示となります。
どんな人材にも能力をフルに発揮してもらうためには、適材適所に配属することが理想です。

5.育成・指導への活用

診断結果報告書は採用後の育成や指導の際の資料として活用ができます。
受検者の弱点は何なのか。どういった指導が必要なのかが明確に記載されています。
人材育成のヒントにお役立てください。

6.外国人の受検にも対応

英語・タイ語・インドネシア語・中国語(簡体字)・ベトナム語・台湾語・ミャンマー語での受検に対応しています。
母国語での受検が可能となり、診断精度が向上します。

日本国内での外国語対応一覧
対応言語 応募者への質問 診断報告書 Web対応
日本語
英語 ※1
タイ語 ※1
インドネシア語 -
中国語(簡体字) ※2
ベトナム語 ※1
台湾語 - -
ミャンマー語 - -

※1 英語・タイ語は2020年8月から、ベトナム語は2020年9月から海外代理店にて提供開始予定です。
※2 上海達辰(中国の代理店)にて提供しております。

横スクロールアイコン

活用場面

  • 採用面接時
    • 実施対象:新卒/中途採用の応募者
    • 活用の目的:採用の要否判定
    • 測定領域:(上図参照)
    • 実施時間:約10分間 報告書返却まで最短15分(FAX・メールの場合)
  • 配属決定時
    • 職務適正から適性な配置の参考資料となります
  • 社員育成
    • 個人の性格を見極め、育成指導の参考資料となります

活用のメリット

面接時の補足ツールとして

短時間フィードバックのため、面接官が事前に読むことができます。
個人個人にあった面接の質問を準備することも可能です。

採用の失敗による損失を回避

面接で確認するべきチェックポイントがわかりますので、「面接では良い印象だったが採用してみるとあまり実績を上げられなかった」、「すぐに退職してしまった」といった採用の失敗を避けることができます。

個性を活かし適材適所を実現

長所や短所、職務適性を参考にして人材を配置することで、社員一人一人の能力が活かせます。
より良い組織づくりにお役立てください。

職場のメンタルヘルス対策を支援

ストレスに弱い人材、ケアが必要な人材を把握できるため、職場のメンタルヘルス対策の一環としてご利用いただけます。

Webで受検も可能

適性検査HCi-ASをインターネット上で受験・管理できる仕組みをご用意しています。
パソコン・スマートフォン・タブレット端末で受検ができ、受検が完了すればすぐに診断結果が管理画面にアップロードされます。
適性検査の実施にかかる手間と時間を最小限に抑えることが可能です。

HCi-AS Webについてはこちら >

まとめ

・実施時間が短い(約10分)
・診断報告が早い(最短15分)
・採用の合否判断を明記
・適正配置を判定
・メンタルチェックも可能
・育成にも活用可能

他社と比較しました

  • 項目
  • メンタルヘルスの記載があるか
  • 適性検査の実施時間
  • 報告書の返却時間
  • Web版はあるか
  • 外国語に対応しているか
  • 価格
  • HCi-AS
  • あり
  • 約10分
  • (最短)15分
  • あり
  • あり
  • △(4,000円)
  • A社
  • あり
  • 約20分
  • 1時間
  • あり
  • あり
  • B社
  • なし
  • 約50分
  • (郵送)1〜3日
  • なし
  • なし
  • C社
  • なし
  • 約60分
  • 3時間
  • あり
  • あり

料金

1名~30名まで 31名~100名まで 100名超の場合
4,000円/名 3,500円/名 3,000円/名

※導入時に50,000円の基本料金が必要です。(HCi-OPCSとHCi-CFMも利用できます)
※上記料金には消費税は含まれておりません。

お申し込みから診断結果報告書確認までの流れ

お申込から利用開始までの流れ

お客様

当社

お申込み
お問い合わせのサービス新規申込みフォームまたはFAXより、必要事項を入力の上、送信ください。
書類発送
お申込み内容を確認後、ご希望の部数の問題冊子・回答用紙、理論解説書、利用の手引きを発送いたします。
冊子が届き次第、ご利用が可能です。

診断結果報告書の確認までの流れ

お客様

当社

検査実施・回答用紙
HCi-AS検査の実施時間は10分間です。
検査が終わりましたら回答用紙を
ヒューマンキャピタル研究所へFAXでご送信ください。
診断・結果送信
回答用紙着信後、
約30分(予約時15分)で
診断結果をメールかFAXでお送りします。
診断結果確認
診断結果をご確認ください。

お客様の声

医療機関
(500名)

2020/7/13 事務部次長

適性検査HCi-ASを導入し、総務課職員の時間を有効に使えるようになりました。
これまでの適性検査は結果が出るまでに時間がかかり、同日に面接を行う場合 には、結果を見ずに面接を実施することもありましたし、土日に実施した場合は 結果が月曜日になることもありました。
HCi-AS のWeb版であれば、土日関係なく結果が判明しますので、採用面接の際は 結果を見ながら面接ができました。
また、これまでの適性検査は内容が分かりづらい点もありましたが、HCi-ASは 結果も分かりやすく、採用面接に大いに役立っております。

システム開発
(87名)

2020/4/1 株式会社GRCS様

HCi-AS検査は5年前から導入、中途採用の面接の前に実施して面接を担当する現場部門リーダーが 参考にしています。
当社の業務がGRC・セキュリティ関連ソリューション事業を専門に 展開しているため、応募者もそれなりの経験やスキルを持っています。
この部分は部門リーダが確認できます。
他方、HCi-AS検査の情報を在籍社員の仕事ぶりと 整合性と取っているためどんな行動傾向なのか、感情的なのか冷静な判断をするのか等 人間力把握に役立ています。
また、診断報告書に記載のある2つの重要ファクターと育成ポイントを、入社オリエンテーションの際開示して話し合います。社員も客観的指標ですので、納得してくれます。

総合広告業
(135名)

2020/3/16 株式会社ライダース・パブリシティ 人事本部 黒沢孝一様

当社の中途採用は、各事業所で面接を行い、採用までに一次面接・二次面接・最終面接の段階がございます。
次の段階に進める判断や採用の判断にHCI-ASを活用しております。
導入して良かったことは、各事業所の面接官の判断を補い共通の認識や客観的な判断が出来ることと、メンタルヘルスに関して大変参考になることです。
データが蓄積していく事により、今後当社に適した人材の採用に効果を発揮することと思います。

青果物販売
(225名)

2020/3/9 横浜市場センター株式会社 業務管理 田中桂子様

採用後、後々診断結果を見返してみると、性格が当たっていることが多分にあり、合否を迷っている際に、大いに参考になっています。

ビルメンテナンス業
(3,438名)

2020/3/6 三幸株式会社 人事部 平川康治様

一次面接に呼ぶかどうかの判断と最終面接前の予備資料として適性検査HCI-ASを活用しています。
導入前は客観的に判断する資料がなかったので助かっています。

医療・介護
(1,050名)

2020/2/20 エフビー介護サービス株式会社 常務取締役 栁澤考輝様

介護業界は以前より人手不足が深刻で、施設の運営職員は応募があれば無条件で採用、というケースが多いのが実情でした。ただ、採用後人物的に問題があり施設の利用者様からクレームを受けることも度々ありました。
面接だけではその人の本質まで見抜けないと判断し、HCi-AS検査の利用を県内ではいち早く新卒採用を中心に2007年から開始。
結果の返信が早く、面接者が迷わず判断を下せるので大変重宝しています。他社へ行かせないためにも、応募者に早い採否の連絡は必須です。導入後利用者様との大きなトラブルはかなり少なくなりました。

採用面接支援(HCi-AS)
特集ページはこちらへ
お問い合わせ・資料請求はこちらへ

採用でお悩みの人事担当者のあなたへ
採用面接支援(HCi-AS)を
わかりやすくマンガで解説