適性検査の導入事例:株式会社インテリジェント ウェイブ様

会社概要と事業内容をお聞かせください

当社は、1984年の創業以来、クレジットカード決済のシステム開発を中心に実績を積み重ねてきました。現在も、キャッシュレス社会の進展を背景に事業の拡大を続けています。日本で流通しているクレジットカードの半数以上が当社のシステムを経由して決済されており、24時間365日決して止まることのない金融インフラとして、人々の安心安全で便利な暮らしを支えています。

今後は、海外を含む新しい市場や業務分野に事業領域を拡大するため、これまで培ってきた技術や事業上の強みを活かして、新製品や新サービスの開発を強化しています。

人材採用の方針についてお聞かせください

当社の経営理念「次代の情報化社会の安全性と利便性を創出する」を実現するために、「求める人材像」を下記の通りIWI’s Styleとして定義し、これを実践できる人材の採用と人材育成を行っています。

また、「多様な価値観が新しいエネルギーを生み出す」という信念のもと、外国籍社員や女性社員の採用および活用にも積極的に取り組んでいます。

IWI’s Style (IWIの流儀)

社員の「あるべき姿」「大切にすべき哲学」

■ プロフェッショナル (Professional)

私達は「プロフェッショナル」であることを追求します。

「プロ」としての誇りと使命感を持ち、常に高いレベルを目指します。

■ HRT(ハート)原則*1 (HRT Principle)

私達は「HRT原則」を大切にします。

◆ Humility(謙虚)・・・ 常に自分を改善していこう
◆ Respect(尊敬)・・・ 一緒に働く人のことを心から思いやろう
◆ Trust(信頼)・・・ 仲間を信じて仕事を任せよう

■ 進取の気性 (Innovative)

私達は「進取の気性」で果敢にチャレンジします。

失敗を恐れず、積極的に新しいビジネスにチャレンジする文化を醸成し、IWIの未来を創ります。

*1 出典:Brian W. Fitzpatrick , Ben Collins-Sussman著、角 征典 訳(2013)『Team Geek ―Googleのギークたちはいかにしてチームを作るのか―』 オライリー・ジャパン

御社では、当社のHCi-ASを長い期間ご利用頂いています。
その理由は、ずばり何なのでしょうか。

当社にとって、HCi-ASは「精度の高い適性診断テスト」です。応募者のHCi-AS診断結果報告書の内容と実際に面接したときの印象が、ほとんどの場合一致するので、当社の採用面接官は、HCi-ASの診断結果に大きな信頼を寄せています。それが、長年HCi-ASを利用している一番の理由です。
また、受検にかかる所要時間が平均して10分以下であり、受検者の負担が小さいのも魅力です。
Web受検が可能になり、さらに利用しやすくなりました。
診断結果の分かり易さ、見やすさ、コンパクトさも秀逸です。HCi-AS診断結果報告書は、人物の特徴を多面的に診断し、面接時のチェックポイント、行動傾向、職種ごとの適性、育成のポイントなどの情報が、1枚に分かり易く記載されているので、とても使いやすいです。
HCi-AS診断結果報告書は、応募者の受検が終わると、すぐに出力することができ、スピード感を持って、採用選考を進めることができます。また、HCi-AS診断結果報告書の記載内容について疑問点がある場合、質問をするとすぐに丁寧な説明をしていただける点も、とても助かっています。

HCi-ASを採用場面でどのように活用されていますか?

1)中途採用

当社は30年近く前からHCi-ASを中途採用の支援ツールとして利用させていただいています。当社の中途採用は、まず面接官が、応募者の履歴書、職務経歴書を確認して、面接を行うかどうかの判断をします。面接を行うことになった場合、応募者に面接前にHCi-ASをWebで受検してもらいます。受検結果を見て、気になる点があれば、その指摘が本当に応募者に当てはまるのかどうかを、面接時の質問を通して判断します。中途採用において最も重要な事項は、開発や営業などの現場が求める役割を果たせるレベルのスキルや技術を応募者が持っているかどうかであり、主に職務経験について具体的にヒアリングすることで、判断します。

中途採用プロセス

履歴書
職務経歴書

(面接の参考として)
HCi-AS受験

面接
(2回)

しかし、応募者の性格や行動傾向に関する事項も、本人、および組織のパフォーマンスを左右する大きなファクターとなるため、的確に把握することが重要です。
これをシステム開発のプロフェッショナルではあっても、面接のプロフェッショナルではない当社の面接官が、支援ツールも無しに行うにはハードルが高いため、HCi-ASの診断結果を参考に面接を行っているのです。


2)新卒採用

中途採用でのHCi-ASに対する面接官の高評価を受け、昨年より新卒採用選考でもHCi-ASを利用することになりました。
新卒採用においては、大学、大学院、高専の全学科、全学部を対象にシステムエンジニアの採用を行っています。
今期は、一次選考をHCi-ASのWeb受検、動画選考(当社から提示した質問に回答する様子を応募者自身が動画に撮って提出)、履歴書提出により行い、3種類の全く違う方向から多角的に確認し、学生の人間性や論理性、行動力などを評価しました。
動画選考を導入している理由は、選考に関わる面接官全員が都合の良い時間に短時間で視聴できるため、効率的かつ公平な選考方法だと判断したからです。二次選考では、HCi-ASとは別の、システムエンジニアとしての適性を測るWeb適性テストと対面面接を1回行い、合格者を内々定とします。


中途採用における最優先の採用ポイントは、「その人材が即戦力であるかどうか」ですが、新卒採用では、「その人材が20年~30年先の当社を支える人材なのかどうか」が重要です。ですから、新卒採用において応募者の性格や行動傾向について把握することは、中途採用の場面に比べるとより重要性が高いため、HCi-ASの果たす役割もより大きいと考えます。
今後もHCi-AS診断を大いに参考にさせていただき、当社の成長ドライブとなるような人的資源の拡充のため、より良い人材採用活動を行って参ります。

会社名 株式会社インテリジェント ウェイブ
(東証一部/大日本印刷グループ)
代表者名 井関 司
所在地 東京都中央区新川1-21-2 茅場町タワー
従業員数 414名
URL https://www.iwi.co.jp/