03-3556-3977

受け身だった社員が
みるみる自己成長する
自己開発テスト

客観的な自己理解    成長の動機づけ    自己成長のためのアクションプラン

自己開発支援「HCi-CFM」

このような事で悩んでいませんか?

そのお悩み、HCi-CFMが解決します!

お役に立てる4つの理由

1. 一人ひとりの個性に合わせた 適切な成長指針が明らかに

適正判断の画像

人材にはタイプがあります。上司にとっての効果的な成長手段と本人にとっての成長手段は必ずしも一致しません。

個性に合わせた適切な成長指針を明らかにする事ができるHCi-CFMは、OJTの場面で起こりがちなミスマッチを解消し、社員成長に最適な環境を実現させます。
また、相互理解が深まることによって上司側のマネジメント力の向上、組織力の向上にも繋がります。

2. あらゆる職種、職務に共通するコンピテンシーの強み/弱みがわかる

リーダーシップの画像

人材の能力には「知識」「ノウハウ」のような職務の遂行に直接必要な能力と「協調性」「目標追求力」「主体性」のような行動のもとになる能力「コンピテンシー」が存在します。

HCi-CFMでは、どのような職種/職務にも共通するコンピテンシーを中心に、強み/弱みを明らかにし、本質的な「人材(人財)力」を成長させます。

3. 自ら成長する意欲が生まれるメカニズム

診断報告書の画像

能力の開発、特に「協調性」「目標追求力」「主体性」などの行動のもとになる能力「コンピテンシー」は、「本人の成長意欲」がないと成長させる事が難しい領域です。

HCi-CFMはいわゆる適性検査ですが、
「評価」ではなく成長のための「動機形成」、つまり受け身ではなく主体的な自己成長が生まれる仕掛けになっています。

4. 「育成される」社員から「自ら成長する」活躍社員へ

診断報告書の画像

どんなに素晴らしいOJTや研修、人事評価制度も 社員本人が目的意識をもち、意欲ある状態で実施されなければ 残念ながら効果は出にくいものです。

自己開発支援であるHCi-CFMによって自分の現在地と課題を把握しあらゆる育成の取り組みに対してより高い「目的意識」や「当事者意識」を持つことができます。

お問い合わせ・資料請求はこちらへ

HCi-CFMサービス紹介はこちらへ

セミナーのご案内はこちらへ

診断結果報告書の内容

HCi-CFMの報告書画像

自己成長の動機づけに必要な三要素で構成

1.「客観的理解」

性格特性にあわせて、大まかな仕事での行動傾向や各職務領域ごとに陥りやすい課題がわかります。
長所短所バランスよく記載されますので、自分の現在地としての特性を客観的に振り返ることができます。

2. 「納得感」

記述文やグラフで理解しやすいように記載されます。
ヒューマンキャピタル研究所独自の設問形式で通常の適性検査では見抜きにくい部分まで診断することができ、心当たりと納得感のある記載内容になっています。
(精度についてはトライアル等でご確認ください)

3. 「成長への道筋」

診断報告書には「あなたは〇〇」ですと言う【評価】だけではなく、
「◯◯という弱みがあるが、▲▲という部分を長所で活かしていきたい」
「なので✕✕のような取り組みを~」といった、成長への道筋(アクションプラン)が記載されます

お問い合わせ・資料請求はこちらへ

HCi-CFMサービス紹介はこちらへ

セミナーのご案内はこちらへ

参考までに他社と比較しました

  • 項目
  • 実施時間
  • 返却までの時間
  • 診断料金
  • HCi-CFM
    (WEB版)
  • 20-25分
  • 即時
  • ¥5,000/人
  • HCi-CFM
    (FAX版)
  • 20分
  • 1時間
    (営業日のみ)
  • ¥5,000/人
  • A社
  • 50分
  • 1週間
  • ¥10,000/人
  • B社
  • 40分
  • 翌営業日
  • ¥5,500/人
topへ戻る